新着のショートショート一覧

  • にゃあからん
    「可愛いね」  そう言いながら私の頭や喉元を撫でてくれた。  決まった時間になればご飯をくれて、お水も綺麗なものを用意してくれて、長くなった爪を切ってくれて、シャワーで身体を綺麗にしてくれた... 続きを読む
  • ひとざとを、とおくはなれたやまおくに、なまけもののオオカミがいました。 オオカミは、これといってすることもないので、あさからばんまで、ねてばかりいます。ですから、よのなかのことをよくし... 続きを読む
  •  ある日、友達のアマチュア・シンガーソングライターからデビューの切符をもぎ取ったと連絡がありました。でも友達は、そのプロダクションが詐欺じゃないかどうか怖いから、探偵である私にレコーディングに付... 続きを読む
  • 私は真っ暗しか知らない。 なんでかって? 確かに工場の中は一瞬見たけど、透明なフィルターに包まれて、箱の中に引きこもってずっと待ってる。 前と後ろでぎゅうぎゅうに詰められるから息苦しい。 ... 続きを読む
  • 旅の途中、ヒーローのいる街に立ち寄った。  その街は毎日ヒーローが現れるという事で有名な街だ。  ヒーローのおかげでこの街は、悪者からの被害を最小限に抑えていると噂で聞いた。 ... 続きを読む
  • 食事を済ませた私は、いつもの場所でゆっくりと食後の時間を楽しむ事にした。 広場の一角にあるベンチに座り、忙しそうに行き交う人々をのんびりと眺める。 するとしばらくして、一人の男が私の横に... 続きを読む
  • ガタンゴトンと電車の振動に合わせて、座席シート越しに小刻みな振動が伝わってくる。 隣ではしゃいでいる子供を叱る母親の声が響くが、私はそれをぼんやりと聞き流していた。 もうすぐ、私の生ま... 続きを読む