SF

  • これまでは、年を重ねれば、人は大人というくくりに入ることができた。 年を重ねた者の方が知識があったし、稼いでいた。 家族を、養っていた。 一家の稼ぎ頭は頼りにされてきたし、「大人」は「大人... 続きを読む
  • 波打ち際を訪れたその人は、劣悪な環境の海の中で必死に生き延びようとする小魚たちをみて、胸を痛めた。 足下に水槽を沈め、「ほら、ここへお逃げなさい。わたしが定期的にご飯をあげましょう。ここは天変... 続きを読む
  • ある日、コンピューターウイルスが世界中に撒かれ、その威力に負けた国々の経済が崩壊した。 世界の名だたる富豪たちは、一晩で無一文になった。 紙幣が奪われたのではない。 世界に控えられた金融デ... 続きを読む
  • 曲解IGIL
     この世界は醜い。そう思い始めたのはいつからだったろうか。  私が住むこの世界は人間が半分、機械が半分、とおおよそ過去の人類が想像していた世界になっている。  そしてそれはいい面と悪い面をも... 続きを読む
  • 僕は保育園に勤めて3年経つ。今年は4歳のクラスを担当している。 それはお絵描きの時間に起きた出来事だ。ケンタくんが電車が空を飛んでいる絵を描いた。とても上手に描けていた。 次の日の朝、朝... 続きを読む