SF

  • 頭がよくなりたいと思った。 僕は伝記を読んだ。 世界には天才がたくさんいる。 彼らは宇宙の神秘を解き明かした。 彼らは文明を築き上げた。 僕のちっぽけな脳みそでは考えつかないような世界... 続きを読む
  • 過ちStoryWorld
    おはようございます」機械だらけの部屋に可愛らしくて綺麗な声が響いた。 「まさか、本当に完成するとは・・・」男はぼそっとつぶやいた。 顔・声・髪型、すべてにおいて完璧に作られたその女性ロボット... 続きを読む
  • 「君は誰?」 「僕かい?」 「そう」 「僕はカバだよ」 「カバなのかい?」 「そうカバだよ」 「でも、今の僕には君はカバには見えないよ」 「そうだろうね... 続きを読む
  • 小さい頃に池に落ちた。池の住人に助けられた。今でも鮮明に覚えている。 あれから十五年が経った。 あの池を埋めてマンションを建てる事になった。 自分はそのプロジェクトを進める会社... 続きを読む
  • 通学路雨玉
    抱き締めるようにして抱えている鞄は、本来であれば背負うもの。 必死の形相で向かっている先は、本来であれば子どもたちが学ぶ場所。 時刻は午前8時30分。通勤通学時間である。 自分がなぜいまだ... 続きを読む