SF

  • じめじめとした薄暗い洞窟の中、身を潜めている者たちがいた。ミュータントである。人間の研究により生み出された彼らは、過酷な実験から逃れるために研究所から逃げ出しここに潜んでいたのだ。復讐の時を伺い... 続きを読む
  •  合衆国に宇宙軍が発足して半世紀が経った。  その五十年間で人類の宇宙開発は飛躍的に進歩した。  スペースコロニー、月面基地、火星植民地。宇宙人口はすでに地球人口を上回り、人類はついに外... 続きを読む
  •    遠い過去、または未来。音楽が全てを支配した宇宙が存在した。  音楽は武器であり、通貨であり、魂だった。  大銀河の最果て、無名の惑星。  荒れ果てた大地には砂嵐が吹き荒れる... 続きを読む
  • 絵の具IGIL
     生まれた。それは唐突だった。何も見えない。あたりは真っ白だ。どうやら五感というもののほとんどが欠けているようだ。  あるのは聴覚と話すことはできないが超音波を発することはできるらしい。これは... 続きを読む
  •  伝染病が流行し始め、もう三週間になる。政府からは外出の自粛が叫ばれている。日曜日、近所の商店街は昼食を求める人々がコソコソと出歩いている。僕もその一人だ。全員がマスクをし、距離を取り合いながら... 続きを読む