SF

  • 日常IGIL
     ぼかぁ改造人間の紺。  時代はロボット真っ盛りの時代。それだけに人間にはもう仕事というものがなくなってしまった。  ぼかぁそんなロボットたちに対抗するために改造された新しい人類。それが僕、... 続きを読む
  • そのアメは、1粒100kmだった。 1粒で宇宙に行けます!と嘘みたいなパッケージにつられつい買ってしまったが、まだ信じられない。 僕の夢は宇宙飛行士。某大学理学部2年生。 必死に勉強し... 続きを読む
  • 5才のぼくは児童養護施設に入っていました 隣の家は おじいさんと痴呆持ちのおばあさん そのすぐ隣 は木こりのお兄さんがいました 施設に入りたての僕はみんなに馴染めず ... 続きを読む
  • 「うーん」  博士は研究室の中で、うなったきり黙ってしまった。  博士の前には、五メートルほどの透明なケースが。 「どうですか…?」  おそるおそる、研究助手が博士に声をかける。博士が、... 続きを読む
  •  ここに一人の男がいる。見た目はどこにでもいる男だ。家庭を持ち、たまの休日は家族サービスをして過ごす。そんな男であったが男のついている仕事は一風変わっていた。殺し屋である。しかも国家公認の殺し屋... 続きを読む