ミステリー

  •  女は有名な怪盗だった。  女にかかれば、どんな厳重な警備も金庫も、赤子の手をひねるようなものだった。 「さて、ここね」  次の女の獲物は、とある財閥の所有する絵画だった。  それが置い... 続きを読む
  • 高校を卒業してから8年、僕は部屋に引きこもる生活を続けていた。 ひきこもり生活を続けたいと思う傍ら、両親に迷惑をかけているという自覚もあり、このままの生活ではいけないなという罪悪感もあった。 ... 続きを読む
  • これは、不思議な場所に迷い込んだAとBのお話。 「そこにいるのはB?」 「おお、そうや!無事やったかA。」 「よかったぁ!僕だけじゃなかったんだ。一体ここはどこなんだろうね... 続きを読む
  •  賭け事と言うものは、いつの世の中でも人を夢中にさせてしまうもの。この豪華客船にも二人の賭け事好きの男がいた。一人は大金持ちであり、一人は身分の高い伯爵。 彼らは、お互いに無類の賭け事好き... 続きを読む
  •  僕は、お店で買い物をしている。  そのお店の中に一つだけ、見慣れない店があった。  「……あれ、このお店、時計しか置いていないな……?」  僕は好奇心に負けて、お店の中に入っ... 続きを読む