SF

  • 「売上がまた落ちた。」 「こっちもだめだよ。」 「だいぶ単価も落ちてきた。」 いつからか農家の会合はいつからかこんな会話ばかりで、生気のない言葉が農家達の宙を渡り鳥のように飛び交った。 ... 続きを読む
  • 私はただゲームをしていただけなんだ。 24インチから映し出される世界は、私を夢中にして興奮と喜びで抱きしめ、絶望で私を粉々に砕いた。 プロゲーマーは子どもたちの憧れで、将来なりたい職業の... 続きを読む
  • 脳が焼けるくらい熱くなり、体中を縦横無尽に駆け巡る血は狂ったような速さで流れ、心臓はドクンドクンと体内に警報のように響き渡る、こんな最高の感覚に毎朝付き合わされるのも、もう今日でおさらばだ。 ... 続きを読む
  • 公美丘真守は一つの決断を迫られていた。 ヒーローを続けるか、人質として誘拐された最愛の人を助けに行くか。 事の発端は2日前、真守が住んでいるアパートに一通の封筒が... 続きを読む